注目キーワード

店舗を持たずに丹波のお米や野菜を販売しています。

  • 2023年1月4日
  • 2023年1月4日

誰が農業を殺すのか(窪田新之助 山口亮子 著)

農政の歪み、怠慢さ、稚拙さを指摘してくれている本です。 日本が開発した品種、みかん(愛媛38号)、ブドウ(シャインマスカット)、イチゴ(紅ほっぺ)などは中韓に略奪されっぱなしになっています。なぜ守れなかったのか?これらの品種を守れなかった事はこれから […]

  • 2022年12月17日
  • 2022年12月17日

今日からはじめる農家の事業承継(2万人の跡継ぎと考えた成功メソッド) 伊東 悠太郎 (著), 竹本 彰吾 (著)

著者のポッドキャスト聞いて読んでみました。 僕もいろんな農家を見てきて(自分自身も新規就農を目指していた)圧倒的に親元就農が有利なのが良く分かります。農業は承継産業という言葉も聞いた事があります。 といっても事業承継するのにも色々な問題を抱えている農 […]

  • 2022年11月28日
  • 2022年11月28日

英国王立園芸協会とたのしむ植物のふしぎ(ガイ・バーター 著, 北綾子 翻訳)

イギリス人庭師の著者が植物に対する130の問に答えてくれています。Q&A方式でかつ各項目に挿絵がついていて分かりやすく楽しく読む事ができました。植物の種類は35万~150万だといいます。種類ですらあいまいであり、特徴も色んなものがいてなかなか覚えきれ […]

  • 2022年11月19日
  • 2022年11月19日

遺伝子とは何か? 現代生命科学の新たな謎(中屋敷均)

オーディオブックで聴きました。 神戸大学、中屋敷均先生の著書です 前半は遺伝子の歴史。学校で習ったハズの内容です。オペロン説やらシャルガフの法則やらはまったく記憶に残ってません(笑)この歳でまた勉強してみるのも面白いかもしれません。 メンデルについて […]

  • 2022年11月2日
  • 2022年11月2日

科学者たちが語る食欲 食べすぎてしまう人類に贈る食事の話(デイビッド・ローベンハイマー、スティーヴン・J・シンプソン)

「栄養は生物学である」生物はタンパク質欲を満たすために食べるという「肥満:タンパク質レバレッジ仮説」について書かれています。その仮説を提唱したのは著者である二人の昆虫学者。 バッタの実験からはじまり、コオロギ、粘菌、ラット、ゴキブリ、ゴミムシ、クモ、 […]

  • 2022年10月16日
  • 2022年10月16日

そのとき、日本は何人養える?食料安全保障から考える社会のしくみ(篠原信)

第1章では「日本だけでどれくらいの食料が生産できますか?」「なぜ化石燃料と食料が関係あるのですか?」という感じの質問を答えていく一問一答形式で分かりやすいです。20ページほどですが、この部分を読むだけでも概要をつかむことができます。 第2章以降はそれ […]

  • 2022年9月25日
  • 2022年9月25日

農家はもっと減っていい 農業の「常識」はウソだらけ(久松達央)

題名だけ見たら怒りを感じる農家もいそうなタイトルですが、国の食糧戦略として食糧を効率良く生産するためには農家はもっと減った方が良いという話が「第1章農家はもっと減っていい」に書かれています。 なぜ農業は淘汰、集約が進まないのか? 採算が合わなくなった […]

  • 2022年9月17日
  • 2022年9月17日

大地の5億年 せめぎあう土と生き物たち(藤井一至)

2015年に新書として発行された著書の文庫版。土壌の写真等がカラーになってとても見やすくなっています。 7年前に発行された書籍ですが、エネルギー危機、食糧危機の可能性を指摘する声が大きくなった今こそ貴重な資源である「土」と向き合うのに適した書籍だと思 […]

  • 2022年8月19日
  • 2022年8月19日

キュウリ

きゅうりはトマト、いちご、ネギに続き国内の野菜産出額では第4位に位置する人気野菜です。※平成30年農林水産省生産農業所得統計 生態 被子植物 ウリ目 ウリ科 ウリ属1年草で3センチくらいの黄色い5弁の花をつけます。雌雄異花で、1つの株に雄花と雌花が咲 […]

  • 2022年8月6日
  • 2022年8月6日

ナス

生態 ナス科ナス属温帯地域では冬の寒さで枯れますが、熱帯地域では多年草になります。紫色の花で、若い果実を収穫して食べます。 歴史 原産地はインド東部。5世紀までにはペルシャや中国にも伝わるり、中世に地中海全域にも広がりました。日本には奈良時代に入って […]