注目キーワード

ブラック系?農業法人の章アフターストーリー⑦~農場長「死」について考える~

ブラック系?農業法人の章アフターストーリー⑥~相次ぐ従業員の死~

のつづき

「第四章 ブラック系?農業法人の章⑭最終話」~こうして就農するのをやめました~

のその後の話です。

野菜売りの仕事をしながら某農業法人でのアルバイトは続けていました。

そこで見たものは?

「あいつは人が死んでも何とも思わない!!」

強面のおじさんは言います。

「ツバメの巣を壊す時も無表情なんやぞ。」

春になるとタマネギ小屋にツバメがやってきて巣を作りだします。

可哀そうですが、業務に支障が出るので壊します。

「感情がないんや!」

本当にそうなのでしょうか?

農場長と二人になった時に聞いてみました。

「従業員2人も死んだのに平気そうに見えますけど慣れてるんすか?」

以前にも死人が出た会社なのでこんな聞き方になってしまいました。

すると、農場長は少し感情的になって反論しました。

「そんな事ありません!!」

うつむきながらしゃべります。

「死ぬってどういう感じなんですかね、、、」

地面をはっているイモムシを見ます。

「虫って殺される瞬間どう思うのでしょうか?」

この農場は有機農業なのもあって虫をプチプチ潰して殺していく仕事があります。

例えば、キャベツを作るのに虫が入ってこないようにネットをします。

しかし、わずかな隙間をくぐって蝶々が侵入し、産卵してたくさんの青虫が生まれます。

それをプチプチ潰していきます。

殺し損ねたらネットの中が蝶々だらけになります。

その場合はネットを順番にすぼめて蝶々を端っこに追いやって一気に潰します。

このように虫を殺すのが農場長にとって身近な「死」なのかもしれません。

「死んだらどうなると思いますか?」

そんな事聞かれても困ります。

「死んでみないと分かりません。」

タマネギ小屋に戻り、強面のおじさんに報告します。

「やっぱり気に病んでましたよ。虫が殺される時どんな気分なのか考えてました。」

強面のおじさんは少し表情を緩めて言いました。

「悲しみ方も気持ち悪い!」

ブラック系?農業法人の章アフターストーリー⑧(最終回)~有能な農場長~につづく