注目キーワード

「第四章 ブラック系?農業法人の章②」~農場長登場~

最終章、第四章は某農業法人での話です。

第四章 ブラック系?農業法人の章①~噂の企業に面接~のつづき

大きな建物でした。

受付で面接に来たと告げると自動ロックの扉が開き案内されました。

入ると、でかでかと企業理念が書いた看板がが吊るされています。

スリッパに履き替えて10名ほどの従業員が事務作業している部屋を通り越して会議室に案内されました。

メガネをかけた真面目そうな男性が現れました。

この人が農場長のようです。

農業に縁のなさそうな風貌。思ったより若い。同年代か?

じっくりこちらを観察して質問してきます。

「農業ってどんなイメージですか?」

試しているな。

世の中には農業に対して甘いイメージを持っている人が多い。それを試している質問だと勘ぐりました。

なめるな。

僕は少なからず農業の厳しさを知っています。

変な負けん気が出て来て。

「永遠なる単純作業のイメージです。」

と、答えました。

農場長の目つきが変わりました。

「その通りです!是非、一緒にやりましょう!!」

なんか気に入られてしまいました。

ひやかしのつもりで面接を受けたつもりでしたが働く事になりました。

「これもいい経験か」

と思いましたが、本当にたくさんの経験をさせてもらう事になります。

良い事も悪い事もたくさん、、、

つづく