注目キーワード
  • 2022年5月30日
  • 2022年5月30日

ジャガイモ

ジャガイモはトウモロコシ、コムギ、コメに次ぐ世界第4位の生産量である作物です。 生態 ナス目ナス科多年草植物 ジャガイモの品種は多く、5000種類とも言われています。日本だけでも100種類以上あります。 食べる部分は根っこに見えますが地下茎(塊茎)に […]

  • 2022年5月11日
  • 2022年5月11日

エンドウ

生態 (分類)マメ目マメ科エンドウ属 1年草(越年草)花はチョウのような形の花で、白い花をつける品種と赤い花をつける品種があります。同じ花の中の花粉で受粉する「自花受粉」をします。 もともとは若いさやを収穫したものが「サヤエンドウ(絹さや)」種子が育 […]

  • 2022年4月27日
  • 2022年4月27日

タマネギ

「タキイ種苗」が発表した調査で「2021年に食べる機会が多かった野菜」では1位になるほど日本人にとっては馴染み深い野菜です。 生態 (分類)単子葉類 キジカクシ目 ヒガンバナ科(ユリ科) ネギ属 中間地、暖地においては冬を越す越年生作物。冷涼地の北海 […]

  • 2022年4月11日
  • 2022年4月11日

サクランボとサクラ

名前 一説によるとサクランボの名前の由来は「桜ん坊」(桜の坊)から来ておりいます。 一方、サクラは英語にすると「Cherry Blossom」(サクランボの花)。 日本ではサクラが主で西欧ではサクランボが主なのは面白いです。 サクランボは「桜桃(おう […]

  • 2022年4月3日
  • 2022年4月14日

タケノコ

生態 日本でタケノコは主に孟宗竹(モウソウチク)の若芽を指しますが、破竹(ハチク)や真竹(マダケ)の若芽もタケノコの一種です。 (分類) 単子葉類イネ科 多年草植物  タケは草なのか木なのかは議論が分かれます。 (繁殖方法) 一般的には地下茎による栄 […]

  • 2022年3月27日
  • 2022年3月28日

イチゴ

生態 (分類) 双子葉類バラ科 草本性多年草植物(2年目以降は収量が落ちるので実際の栽培では毎年苗の更新をします。)果物に分類するか野菜に分類するかは国によって違います。日本では草本性植物なので野菜と分類されていますが、流通現場では果物として扱われて […]

  • 2022年3月16日
  • 2022年3月28日

アスパラ

たんぽぽファームさんの有機アスパラです。 アスパラは春から初夏にかけてが旬です。旬の時期のアスパラは特に甘みが強いです。 アスパラの食べる部分は若い茎です。 これが大きくなると葉っぱみたいなものがでますが、これは枝(偽葉)なんです。 枝で光合成をする […]