注目キーワード

「第四章 ブラック系?農業法人の章⑥」~水菜の収穫と2人のおばあさん~

最終章、第四章は某農業法人での話です。

「第四章 ブラック系?農業法人の章⑤」~利害の一致~のつづき

2人のおばあさんがビニルハウスで水菜の収穫をしていました。

ここの農業法人は有機農業で栽培していて除草剤は使えないので、畑を耕した後、透明の「マルチ」というビニールを敷いて太陽熱によって除草をしてから種を撒いて、毎日水の管理などをして育てます。

ですが、なんと!それは近所の有機農家さんに委託作業をしてもらって収穫だけ自社でします。

「今日は何時間で何パックつくれましたか?」

僕が集計したデータを片手に農場長は尋ねます。

「なんでこんなに遅いのですか?」

どうやら農場長の計算より作業が遅いようです。

口調が荒くなってきます。

「どうして言った通りのやり方でしないのですか!?」

どうやら農場長がもっとも効率が良いと考えるやり方と違うやり方で作業をしていたようです。

「言われたやり方はやりにくいんや!」

一人のおばあさんは言い返します。

あまり円満な関係ではないようです。

その日はそのおばあさんのグチを聞きながら水菜の収穫作業をしました。

もう一人のおばあさんはかなり高齢で耳が遠いようで黙々と作業していました。

つづく