注目キーワード

我、過てり

武田信玄の天敵だった「村上義清」。

東北の覇者「伊達政宗」。

狒々退治の伝説のキャラクターにもなった「岩見重太郎(薄田兼相)」。

秀吉の九州征伐、朝鮮出兵で活躍した「立花宗茂」。

4人の人物を焦点に大きな時代の変化において見誤ってしまった「過ち」の物語です。

本の帯にも書いてますが、大きな変化が起きている現代を生きる我々にも通じる教科書だと思いました。

どの人物も「過てり」で終わらく、スッキリする内容の本でした。