注目キーワード

「第二章 のんびり定年後農家の章③」~はじめての給料~

3流プロ格闘家だった「パンチィー山内」が引退後、就農を目指すも数々の失敗を繰り返してきた話を書きます。

二番目の農家はタダ働きでしたが、僕は文句いわず働いていました。でも、文句ある人もいたようです。

従業員のブラジル人が農家さんの家に怒鳴り込みに来ました。

「給料ナイ、オカシイ!!給料クレ!!」

すると、そのブラジル人にだけに給料が発生するようになりました。

文句言ったら給料がもらえる仕組だと思って僕も試しに文句言ってみました。

すると、

「それならあっちいけ!」

と、近所の和牛農家さんの仕事を紹介されました。

そこの牛の堆肥(牛の糞尿を山積みにして発酵させたもの)をダンプで運んで
農家のおじさんの田んぼに入れる仕事です。

内容的に農家のおじさんの仕事なのか和牛農家さんの仕事なのかどっちの仕事なのか分からない仕事でしたが和牛農家さんから給料出ました。

農業の仕事をはじめて1年。初めてお金がもらえました。

そして、また事件が起こります。

おじさんの農場の近所の工場が燃えました。

つづく