注目キーワード

パンチィー山内の就農失敗談「第一章 悪い有機農家の章⑤」~わずか1カ月でリタイヤ。精神的にもお金にも厳しい研修生活~

3流プロ格闘家だった「パンチィー山内」が引退後、就農を目指すも数々の失敗を繰り返してきた話を書きます。

パンチィー山内の農業失敗談④~初仕事はお見舞い~のつづき。先輩の研修生が精神的に追い込まれて精神科病院に入院して帰ってしまいました。それでもやっと農業の仕事ができるのでやる気に満ち溢れてました。

しかし、、、

農家のおじさんと弟子の女性との3人で仕事をする生活がはじまりました。

集合は朝6時。 3人で朝食。 午前の仕事が終わったらマンションに帰って3人で昼食。 午後の仕事が終わったら買い出しに行って夕飯の支度をして3人で夕食。 おじさんの話が長いのでだいたい解放されるのは夜の10時くらいになりました。

そして、僕の扱いも帰ってしまった女の子と同じような感じになりました。

何をしても怒鳴られる。すべて責任をとられる。人格否定する。「こんな風に育てた親が悪い!」と親を中傷する。 「お前なんかと友達になるなんてロクな友達じゃない」と友達を中傷する。といった具合で一日中二人で口撃してきました。

帰ってしまった女の子はこんな感じで追い詰められたんだなと体感しました。

仕事内容はいつになっても草刈り、壊れたビニルハウスの片付けばかり。農作物を見る事はありません。

仕事中は弟子の女性と農家のおじさんは二人でどこかに行くのでだいたい一人でしていました。

農家のおじさんが帰ってきて仕事の進み具合を見られると、 「仕事が遅い!」「お前は無能だ!」「ワシの若い時はお前の倍以上はできたぞ!」 という感じの言葉がきました。

怒られる事には慣れているので平気でしたが、一番大変だったのは、

何かある度に「お金を出せ」と言われる事です。

「苗代がなくてお米つくれないから貸してくれ!」「肥料代なくてお米つくれないから貸してくれ!」といった具合です。

農業できなくなってしまったら困るので言われるたびにお金を出しました。

そうして借金はどんどん膨らみ、どの消費者金融もお金を貸してくれなくなりました。

もう無理だと思って辞めました。

約1カ月間という短い期間でした。