注目キーワード

パンチィー山内の就農失敗談「第一章 悪い有機農家の章①」~プロの格闘家から農業に転身を目指す~

3流格闘家だった「パンチィー山内」が引退後、就農を目指すも数々の失敗を繰り返してきた話を書きます。

プロの格闘家を引退して農業をやりたくなりました。

子供の頃、精神的に弱かった劣等感から格闘家を目指し、一応は目標を達成したので、次は農業の道を目指す事にしました。

ヒトが生きるのに最も大切なものは「食」。それを生産できる人間は強いと考えました。

中高生の頃、夢を持っても叶える場所がない田舎がすごく嫌いで、18歳で田舎を捨てるように大阪に出て、一応はプロの格闘家になるという夢は叶いました。

なのに、その後は農業をしたくなって田舎に帰るなんて分からないものです。

しかし、僕は友達が少ない。農業関係の人脈がありませんでした。

なので公的機関に相談しました。

農業を勉強できる学校があるそうですが、お金も無かったので無理でした。

そこで、

「その辺で農作業しているおじさんに声をかけて農業を教えてもらいなさい。」

というアドバイスをいただきました。でも、そんな勇気もありませんでした。

そんな中、ハローワークで農業の雇用の求人を発見しました。

「やっと農業ができる!!!」と期待して次の日に面接に行きました。

つづく